いろんな景色や時間をこの時計とともに|WALNUTコラボ【後編】

モードでエッジの効いたイラストが若い女性を中心に人気のWALNUT(ウォルナット)。今回はそんな彼女とのコラボレーションが実現。前編ではWALNUTさん自身のこと、コラボウォッチのデザインの秘密について伺いました。そして後編では、コラボウォッチのテーマ「広い世界を見たくなるようなデザイン」について深掘り。旅行好きで世界中を飛び回る彼女らしい視点に注目し、コラボウォッチに込められた想いについて伺います。

WALNUTコラボ|広い世界を見たくなるようなデザインに【前編】はこちら

小さな成功体験を積み重ねることが好き


―イラストレーターのWALNUTさんにおさんぽインタビュー第二弾。後編は、ご旅行がお好きなWALNUTさんの旅に関するエピソードについて。今回のコラボウォッチは「もっと広い世界を見たくなる」をテーマに、旅をすることで起きる素晴らしい出来事をイラスト化されたんですよね。


イラストレーター WALNUTさん

 

WALNUTさん:はい。リサーチをして、いろんな場所へ訪れ、たくさんの人や景色と出会い、時にハプニングが起きたり…。そういう旅の面白さを詰め込みました。いろんな世界を見てみたい!と思っている方の背中を押せるデザインになればなと。

―旅にはいろんな魅力がありますよね。WALNUTさんご自身が旅をするうえで最も魅力だと思うことはなんですか?


WALNUTさん:小さな成功体験を何度も味わえること。旅をしていると予期せぬハプニングが起きることがありますよね。その度に自分なりに解決策を見つけて、クリアしていくことがどんどん自信に繋がって、できることが増えていく。そうすると世界の解像度が上がっていきます。そういう機会を得られることが旅の魅力だと思います。



―旅を目いっぱい楽しまれているんですね。SNSを拝見していると本当にいろんな国へ行かれているなと。どんな時に旅行へ行きたいと思いますか?

WALNUTさん:以前バルセロナへ行った時は、「本場のパエリアが食べたい」とかそんな理由です。



―その理由で行っちゃうんですね。

WALNUTさん:行きたい!と思いたったら、どんな小さな理由でも飛び込むようにしています。もちろん、危ないエリアには行かないですが。


―ただ、飛び込むことに躊躇してしまう人の方が多い気がしていて…。

WALNUTさん:私も最初は怖かったです。何かトラブルが起きた時はどうしよう!と。でも、好奇心の方が勝つ(笑)

―大変だったエピソードがあれば教えてください。

WALNUTさん:スペインの田舎町へ行った時に、気づいたら結構な時間になってしまっていて。駅員さんに英語で電車の運行について聞いたのですが、英語が分からなかったみたいで、カタルーニャ語でしか返事が帰ってこなくて。文字に起こしても読めなかったみたいで、スマートフォンの充電もなく、周りに人もおらず…で、さてどうしようと。でも、結局なんとかなって。これは小さなハプニングですが、他にもお話できるものからできないレベルのエピソードまで色々あります(笑)。


―知らない街に取り残されるかもしれない不安は計り知れないですよね…。印象に残っている国はありますか?

WALNUTさん:ジョージアはすごく印象に残っています。まだ戦争の名残があって、建物が壊れかけていたり、明らかに傾いていたりするのですが、皆気にせずそこで暮らしている。でも、旧ソ連時代の印刷会社を改装したすごくオシャレなホテルやレストランがあったり、アーティストが集まるエリアがあったりと、色々な面が見られて面白かったです。


―その場所でしか出会えない景色や体験をたくさんされていますね。

WALNUTさん:本場の味を味わって、見たことのない景色に圧倒させられて、色んなスタイルを持った人たちに出会って…。またそのような旅ができる日がくればいいなと。

―今のうちに計画を立てないとですね!

 

視点を変えると、見える世界が変わる


―WALNUTさんがご自身の作品、そして今回のコラボウォッチを通してどんなことを伝えたいですか?

WALNUTさん:普段の制作で心がけているのは複数の視点を持つということ。例えば、電車に乗っている人をスケッチする「電車シリーズ」や、葉っぱにイラストを描く「葉っぱシリーズ」も、ちょっと視点や表現を変えるだけで気づきが増えたり、面白い作品になると思うんです。

 

 

―確かに、紙と葉っぱでは、見え方がかなり変わりますよね。

WALNUTさん:そうですね。また海外旅行へ行った時も世界遺産や観光名所の風景はあまり描かないようにしています。みんなが注目し思いを寄せる場所だから、私があえて描かなくてもいいのかなって。せっかくなら、なんてことのない場所でただベンチに座っているおじいさんや、街角の路上本屋、ガイドブックには載っていないような小さなお店で食べたおいしい料理など、私が「面白い!」とか「好き」と思うことを描きたいんです。私のイラストを通して、新しい発見をお届けできたら嬉しいし、少し視点を変えることで日常は面白いことだらけなのだと伝えたいです。


―視点を変える、なるほど。ステキな考えですね。

WALNUTさん:だから、コラボウォッチを身につけていただく方にもこの時計とたくさん色んな場所へ行って、ご自身が「面白い!」という景色や時間を目いっぱい楽しんでもらいたいです。


―アクティブにいろんな場所へ飛び回るWALNUTさんらしいメッセージですね。たくさんのお話をありがとうございました!一緒におさんぽができて楽しかったです。

WALNUTさん:ありがとうございます。私も楽しかったです。

おわりに

WALNUTさんがデザインしたコラボウォッチが発売しました。「もっと広い世界を見たくなる」時計を身につけて、いろんな場所へ飛び出しましょう!

 

▼商品ページはこちら▼