青い時計が気分を変える!鈴木マサル氏コラボ【前編】

「手にすれば少し元気が出て、気分が上がる色や柄」という想いのもと、様々なテキスタイルをデザインする鈴木マサルさん。自身のブランド〈OTTAIPUNU(オッタイピイヌ)〉やフィンランドの老舗テキスタイルブランド〈marimekko(マリメッコ)〉など、国内外のさまざまなメーカーとコラボレーションされています。そんな鈴木さんのデザインを身にまとう今回のコラボウォッチ。一体どんな想いでデザインされたのか。ここでは、デザイン秘話や鈴木さんご自身のことについて前後編でご紹介。まずはコラボウォッチのデザイン秘話について。

鈴木さんが作り出す色や柄は、どこからやって来る?

今回は、「鈴木マサルのテキスタイル展」にお邪魔してのインタビュー。色とりどりのテキスタイルが並ぶ会場は、まさに圧巻。鈴木さんってどんな方だろう?デザインに込めた想いって?

テキスタイルデザイナー 鈴木マサルさん

―鈴木さん、本日はよろしくお願いします。素敵なテキスタイルデザイがたくさんありますね。色や柄から、とてもパワーを感じられます

鈴木さん:ありがとうございます。緊急事態宣言に伴い、残念ながら開催は中止になってしまい、皆さんに直接ご覧いただくことはできませんでしたが、こういう大きな場所を埋められたことは、大きな自信になりました。これだけ大きな生地をつくるのも、初めてのことだったので。

―たくさんの作品がありますが、柄や色、一つとして同じものがないですよね。普段どのようなことからインスピレーションを受けているのですか?

鈴木さん:妻から刺激を受けることが多いです。妻とは大学からの付き合いで、たくさん色を使って表現するのが上手でした。一方の私はというと、実は色を使うのが苦手。どう組み合わせたらいいのか、イマイチ掴めなくて。

―苦手だなんて、意外です。

鈴木さん:学生の頃に〈marimekko(マリメッコ)〉のデザインに魅了され、北欧の世界観が好きになってから、色を多く使ったデザインを行っているのですが、色使いの上手い妻から日々刺激を受けています。妻は陶芸家として活動していて、保守的な僕とは対照的に、とてもチャレンジングな人。妻をみていると僕も新しいことを試したくなるんです。今では、どんな色を使おう、組み合わせをしようかと考えるのが本当に楽しいです。


―鈴木さんのカラフルな世界の源となっているのは奥様だったんですね。

 美しい色は人の心を軽やかにする

―実は保守的という鈴木さんですが、今回のコラボウォッチもやはり大胆でのびのびとしたデザインが素敵だなと。どのようなテーマを持ってデザインされたんですか?


鈴木さん:時間を知るというのが時計としての役割だと思うのですが、「人の気持ちをチェンジする」存在になればと想いを込めてデザインしました。

―というと?

鈴木さん:美しい色には、人の気持ちを高揚させる力があります。その力を信じて私自身さまざまな色を使い制作を行っているのですが、この時計にもそんな色のパワーを吹き込みたいなと。

―青色にはどんな想いを込められたのでしょう。

鈴木さん:この時計を見るたびに、心が和らいだり、焦る気持ちが落ち着いたり、涼やかな気分になってほしい。そんな想いから青色でデザインすることにしました。

―確かに、激しすぎず、控えめすぎず。穏やかな気持ちになる色ですね。柄にも何かメッセージが込められているんですか?

鈴木さん:鳥のモチーフをデザインしています。鳥というのは伝達力があるモチーフだと思っているんです。この時計を身につけることで、誰かとのコミュニケーションが生まれるきっかけになればいいなと。

―よく見るとクチバシのようなものがありますね。かわいい。文字盤の数字も一つの柄のようです。

鈴木さん:数字を入れるかは最後まで悩んだんですよ。でも、自分が着けた時に時間を読み間違えそうだなと思って。模様の一部としても成立するようにデザインしました。

―普段はテキスタイルにデザインをすることが多いと思いますが、時計のデザインで苦労したことはありますか?

鈴木さん:それが、テキスタイルも時計も、デザインする上で変わりはないんですよ。色や柄を重ねる、それをたまたま時計の形に切り取ったらこうなった。くらいのイメージ。だからこそ、どの角度から見ても、どこを切り取っても、いろんな表情を楽しめるデザインになるんです。

―なるほど。バンドと文字盤が一体化したデザインも珍しいですよね。

鈴木さん:そうですね。この時計すべてが一つのキャンパスと捉え、切り離して考えず繋げてデザインしたら面白くなりそうだと思い挑戦してみました。

―この時計はどんなシーンに似合うと思いますか?


鈴木さん:日常でも、ビジネスシーンでも自由に使ってほしいです。スーツにこの時計を合わせるのも、アクセントになっていいと思います。また、普段はベーシックな色の服装をされている方で、実は色の効いたファッションを楽しみたい方にもおすすめです。手元だったらチャレンジしやすいですしね。

ここまで、デザイン秘話や鈴木さんの作品に対する想いについて聞きました。後編では、鈴木さんのことをもう少し深掘り!眺めているだけで、わくわくするような鈴木さんのデザインですが、鈴木さん自身が思わず楽しくなってしまうことってなんだろう?10個の質問に答えてもらいます!

おわりに

鈴木マサルさんがデザインしたコラボウォッチが発売されました。美しい青の時計で気軽に気分をチェンジしてみてくださいね!
後編では、鈴木さんご自身について深掘りします!お楽しみに!

商品をみる