The RED LIST x Q&Q SmileSolar Limited Collection. The threatened animals and plants.

The RED LIST × Q&Q SmileSolar Limited Collection

室内の灯りでも充電、メンテナンスフリー、
リサイクル素材使用、水に強い5気圧防水

ケース直径・幅:40.00㎜
ケース厚:12.50㎜
ケース素材:ABS樹脂 ( 再生ABS樹脂含む )
風防素材:アクリル樹脂
ムーブメント:MIYOTA Cal.2085
( SmileSolar Series / フル充電後約3.5ヶ月駆動 )
防水:5気圧
バンド素材:ポリウレタン樹脂 ( 再生PU含む )
Q&Q SmileSolar

Philippine Crocodile

ミンドロワニ

IUCNのレッドリスト上では「CRITICALLY ENDANGERED/絶滅危惧IA類 」に位置づけられています。
クロコダイル属の中でも小型で、大きなものでも3mを越えることはありません。また英語名からわかる様に、フィリピンに固有の種類です。淡水域に暮らし、小型の動物を捕食するおとなしい性質です。

RP00-031

Burmese Python

ビルマニシキヘビ

IUCNのレッドリスト上では「VULENERABLE/絶滅危惧Ⅱ類」に位置づけられています。
東南アジア地域に広く生息する熱帯性の大きなヘビです。熱帯雨林やマングローブの森に生息しています。水辺や川、また湿地に多く見られます。野生の個体はおおむね3.5m以上の長さですが、中には5.7mを超える固体も発見されています。主に夜行性で、食性は哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類と多岐にわたります。2〜3年で成体になり、メスは最大で80から100個の卵を産み、約60日後に孵化します。

RP00-035

Grevy’s Zebra

グレビーシマウマ

IUCNのレッドリスト上では「ENDANGERED/絶滅危惧IB類」に位置づけられています。
19世紀に仏大統領ジュール・グレヴィーに贈られた1頭を、同国の動物学者アルフォンス・ミルン=エドワーズが調査した結果、アフリカ南部のシマウマとは別種である事がわかり、大統領にちなんだ名前が付けられました。このシマウマはローマ時代のサーカスに登場したという話も伝わっています。

RP00-032

RP00-033

Sumatran Tiger

スマトラトラ

IUCNのレッドリスト上では「CRITICALLY ENDANGERED/絶滅危惧IA類 」に位置づけられていす。
スマトラ島の熱帯雨林に生息しており、トラの中でも最も小さいです。北方に生息しているアムールトラの雄が体長300cm、体重が300kg程に対して、スマトラトラの雄は体長が180cm、体重は150kg程度なのです。ネコ科としては珍しく泳ぎが上手です。シカやイノシシなどの大きな動物から、ウサギや鳥、更には魚や昆虫まで捕食します。

RP00-034

Green Peafowl

マクジャク

IUCNのレッドリスト上では「ENDANGERED/絶滅危惧IB類」に位置づけられています。
最大全長300cmとクジャク属のみならずキジ科、キジ目最大種です。頭頂には羽毛が伸長しています。クジャクと聴いて多くの人が思い浮かべるオスの飾り羽は、上尾筒という尾羽の付け根の上側を覆う羽が変化したものです。この羽を広げる行動は、メスに対して「僕、きれいでしょ!」とアピールするためで、他の動物を威嚇するためのものではありません。

RP00-030

Snow Leopard

ユキヒョウ

IUCNのレッドリスト上では「ENDANGERED/絶滅危惧IB類」に位置づけられています。
大型のネコ科動物として、また食肉目としては最も高い場所で生息しています。夏季は標高の高い場所へ、冬季は標高の低い場所へ移動します。尾は太くて長く、斜面や雪上でバランスをとるのに適しています。足裏は体毛で被われ、防寒や接地面積が大きく雪面でも滑りにくくなっています。チベットでは人々がユキヒョウの咆吼をイェティの声だと信じていたこともあったそうです。

RP00-029

Nigerian Giraffe

ナイジェリアキリン

IUCNのレッドリスト上では「ENDANGERED/絶滅危惧IB類」に位置づけられています。
ニジェール、ナイジェリア、カメルーンに生息しています。数多くの黄色みをおびた赤い斑点模様が特徴です。キリン全体で見ると「LC/軽度懸念」という位置付けですが、こうした亜種の絶滅は現実問題だと科学者たちは警告しています。

Q&Q ONLINE STORE